子供のうつ病に「プロザック」

なんだか『うつ病』といえば大人の病気のイメージが強い。社会に出て、自分に馴染めないことで起こってしまう症状の一つだと思ってしまう。しかし、子供のうつ病もあります。うつ病は気分障害の代表であり、主な症状は気分、意欲、認知機能、及び精神的なことが原因とされています。気分的なことは大人でも、女性でも起こることですが、無快適な楽症状と呼び、感覚の自責感が起こることで、メンタル的な障害によりうつ病が起こってしまいます。

意欲は学習の締め切りで、趣味など領域は問わず、低下が見られる、認知的機能については思考力集中力の低下、被害敵、病的な思考様式が中心で、それらとともに、睡眠障害、食事などにも発展するとされています。日本では、プロザックの薬が処方されますが、これはあくまでも大人のうつ病で、子供の場合はそれぞれ精神的に悩んでいる場合はまずは、コミニケーションなどから始め、じょじょに大人との会話で、メンタルをケアするようになっています。

基本的な症状のために、なかなか解消できないという問題もあるが、薬により、副作用の懸念もあるために、プロザックなどは余り使われていません。

[PR]
by yoyarunosannbo | 2014-11-03 18:46


<< 鉄分を吸収っせるために むくみをうまくクリアする >>